Categories
未分類

スウィートカロライナ?

引用元ページはこちらです。

郡や州レベルでの選挙の予測で最も正確なのは、政党別の有権者登録である。  すべての州が政党別に有権者登録を行っているわけではないが、政党別に有権者登録を行っている州は、行っていない州よりも予測しやすい。  州にもよるが、どの政党が得をするか、結果的にどの政党が負けるかを判断する上で、この指標は通常90%以上の精度を持つ。 

例外は通常、メクレンバーグのような非常に大規模な郡で、無党派として登録する新規有権者がより集中していたため、登録数が共和党に傾いただけである。  彼らがほとんどの都市部の有権者のように投票した場合、実際の投票では郡の傾向が逆になることもある。 

2008年のノースカロライナ州では、バラク・オバマ氏が0.32%の差で勝利し、民主党は共和党に対して13.8%の登録率の優位性を保っていた。  共和党はその差を0.8%縮め(13.0%に縮小)、州が共和党の列に戻ると正確に予測した。  ミット・ロムニーは2.08%の差で勝利した。  同州の共和党支持率は3.7%上昇し、9.3%に低下し、ドナルド・トランプ氏の3.66%の勝利を予言していた。

ノースカロライナ州はさらに3.8%が共和党に傾いており、トランプ氏が当選してからの4年間で民主党の優位性は5.5%にまで低下しました。  これは、歴史的な登録動向から見て5ポイント以上の圧勝を示唆している。  100郡のうち94郡が登録で共和党寄りの傾向にあったにもかかわらず、トランプ氏のマージンは2016年から2.2%以上ダウンして大幅に縮小した。

ノースカロライナ州はジョージア州を巻き込んだ「サザンスティール」戦略の一環のようで、かなりの量の不正投票で勝利しました。それはまた、ロイ・クーパー知事の再選に役立ったかもしれません。

引用元ページはこちらです。