Categories
未分類

米メディアのレイオフは2020年に過去最高を更新する見通し

記事タイトルは引用元ページのものです。KRAKEN-WOODではフェイクニュース?と書かれています。

引用元ページはこちらです。

By Zack Budryk – 11/30/20 09:05午前EST

新しい調査によると、メディア業界の解雇者数は、コロナウイルスのパンデミックが大部分を占めていることから、2020年には過去最高を更新すると見られています。

10月下旬までに業界で推定28,637人の削減が報告されたと、Challenger, Gray & Christmasのデータを引用してVarietyが報じたところによると、2008年にメディア部門で報告された記録的な28,803人とほぼ同数の削減が報告されたという。比較すると、このセクターでは、2019年には1万人強、2018年には1万5,474人の雇用が失われています。

雇用損失は、米国におけるコロナウイルスパンデミックの第一波の間に5月に急増し、6月のドロップオフの後、レイオフは、9月と10月にパンデミック前のレベルに低下し、夏の間に再び増加し、バラエティは指摘した。

ViacomCBS、Comcast、Disney、AT&Tなど複数の大手メディアコングロマリットが、年間を通じて削減を発表している。

AMCネットワークスは先週、約10人に1人の割合で人員削減を行い、ViacomCBSは5月に”経済状況”を理由に450人をレイオフしました。しかし、ウイルスが米国経済に大きな影響を与える前の2月には、早くもViacomCBSは同社の統廃合により117人を解雇していた。

NBCユニバーサルは、テレビとストリーミング部門の従業員の5%を解雇し、10人に1人の割合で削減するという幅広い計画を持っているとVarietyは伝えています。

削減の中でも、2019年と比較して新規メディアの求人数は増加しているとの調査結果が出ています。この業界はこれまでに2020年の採用発表を1,586件掲載しており、2019年の同時期に掲載された622件の2倍以上となっています。

失業者数が多いにもかかわらず、データによると、メディア産業はかろうじて解雇者数の上位20業種にランクインしました。解雇者数のトップはレジャー産業で845,945人、次いで小売業が179,520人、運輸業が159,674人となっています。

引用元ページはこちらです。